ファスティング期間中は、一定期間酵素ドリンクなどの飲み物や梅干しなどの塩分しか食事を摂らない、という普段とは異なる生活を行うので、前後の生活でその準備を行わなければいけません。

まず、ファスティングの前は、食生活の変化に向けての準備を行います。
ファスティングを行3日前くらいから、 お肉や卵など脂肪やたんぱく質が多い食事は控えなければいけません。
全く摂らないと栄養が不足してしまうことがあるので、いつもより控えめにし、少しずつ減らしていくとよいでしょう。
普段、お肉中心の食事や洋食が多いという人は、野菜中心の和食を心掛けるようにしましょう。

いつも間食で甘いものやスナック菓子を食べているという方は、間食も控えるようにしなければいけません。
甘いものも少しずつ食べ量を減らしていきましょう。
ファスティング中は、食べ物を摂らないので、食事をしなくても良いように体の状態を慣らしていくということが重要です。
いきなり断食に入ると体がついていかず不調が起こることがあります。

そして、ファスティング後は、時間をかけて普段の食生活に戻していきます。
すぐ普段の食生活に戻してしまうと今まで休んでいた消化器官が対応できず、胃腸の調子が悪くなることがあります。
このときに摂る食事は、回復食と呼ばれています。
最低限でも断食した日数と同じ日数は回復食を摂るようにしましょう。

できるならば1週間程度回復食を摂り、少しずつ和食中心の食事に変えていくとリバウンドの心配もありません。
回復食は、1日目、2日目はお粥や重湯、梅干し、お味噌汁などを食べ、少しずつ、豆腐や野菜スープなどを加えていきましょう。
ファスティング前と同じように脂肪やたんぱく質は控えるようにし、甘いものや刺激が強い食べ物、アルコールも控えなければいけません。

ファスティングを行うことで体の中のデトックスを行うことができるので、これを機会に食生活を見直して美容や健康に良い食生活を送りましょう。

by | Categories: 未分類 | No Comments