炭水化物を抜くことでダイエットができると、多くの人が実践した、またはいまだに実践中だとか。

実際に炭水化物を抜くことで、体重が減ったと言う人は多くいるみたいで、

成功率がいい??ってことで人気みたいです。

 

でも、その反面ダイエット途中で、少なくとも体の異常を感じたって言う人もいるみたいです。(°д°)

 

ダイエットに成功するけど、なんだか危険な要素もあるかしら?

なんてちょっと大丈夫なの?なんて思っちゃう事もあって

炭水化物を抜くダイエットのデメリットを調べてみました。

 

・物事に集中できない

・フラフラする

・やる気が出ない

・イライラする。。。。など。

 

調べてみたら、炭水化物を抜くことでストレスを感じるみたいですね。

うーん、あまりにもこのような不快感を感じるなら日常生活大丈夫なのかしら?

って思っちゃいます(^_^;)

 

なんでこのような症状が起きるのか不思議だったので、ちょっと調べてみました。

 

炭水化物を食べると糖に分解されて、エネルギーとして使われるんだけど

この糖を必要としているのが脳。

脳のエネルギー源が糖になるんだって。

 

炭水化物の量が普段より少なくなると、脳が栄養が足りない!!って

暴れはしないけど、どうなってるんやーって感じで

体に糖を要求するらしい。

 

そして、そのまま放置しておくと、脳があーだめだわ、、、思考能力低下です。。。

ってことになるらしい。

 

突然おきた糖不足による体のエネルギー低下が原因みたいですね。

 

普段から炭水化物の量を多く摂ってしまうと、炭水化物に含まれている糖からエネルギーとして

使われたり、または使われなかった糖は脂肪として蓄えられるみたい。

 

いつもより炭水化物の量が少ないと、体がこの状況に慣れるまでびっくりして、

さっきのような異常反応を起こしてしまうみたいですね。

しかし、この状況を乗り越えさえすれば、体に入ってくる糖は少ないから、

糖燃焼より、もともとある脂肪がエネルギー源として使われ、体重減につながるようです。

 

そして、びっくりしたのが体のだるさとかの症状だけでなく、体臭や口臭がきつくなる場合もあるってこと!!

 

あとは、エネルギーが極端に少なくなると、タンパク質からエネルギーを補給しようともするみたい。

このタンパク質は筋肉から使われるみたいで

知らない間に筋肉が痩せていた!ってことになって

筋肉が少なくなるから、代謝も落ちてその結果、痩せにくい体に導くってこともあるみたい(゚д゚lll)

 

はあーせっかく綺麗痩せようと思っても、こんなんじゃ嫌ですよね。

炭水化物を抜いた分、その他の栄養補給をしっかりしなくちゃいけないってことだよね。

 

炭水化物を抜くことで、ダイエットに成功しても

やはりその後の食事を元に戻してはせっかくの成果も水の泡。

 

徐々に炭水化物を増やしていくんだけど、やっぱりほどほどにってことみたいね。

 

炭水化物を抜くことで、体重は落ちるけどデメリットもあるってことで

やっぱりやりすぎはよくないと思います。

長期にわたる炭水化物抜きダイエットってなんだか体に悪そうな感じがするんだけど(^_^;)

 

個人的には完全に炭水化物を抜くのではなくて、ちょっとずつ減らしてやっぱり運動も必要じゃないのかなって思っちゃいますね。

 

いつまでにこれだけ痩せなきゃって、普段忙しくて運動もできない。。。

なんて言う人には手っ取り早いダイエット方法なのかもしれないけれど

体調が崩れてしまうと仕事や勉強にも集中できなくなるから

無理は禁物ですよね(>_<)

大阪のキャビテーション・痩身エステ完全ガイド※梅田・難波など

by | Categories: 未分類 | No Comments